宣伝ネット広告



ネット広告の宣伝活動


広告宣伝活動は、会社の運命をになうとの合言葉の基に。

各社競うって広告宣伝戦に毎日繰り返しています。

各社広告宣伝戦に広告宣伝費をつぎ込んでいます。

テレビ、ラジオ、新聞、雑誌などのコマーシャルが盛んに行われています。


ネット広告宣伝の勃興


広告宣伝をネットで活用しようという考えも、これだけの媒体にネットがなれば、当然です。

アクセスのものすごくあるホームページならば、かなりの集客力があります。

集客力のあるネットホームページは、リンクされた数です。良いホームページから受けたリンクの数が高いほど、検索エンジンに高い評価が与えられる。

訪問者が来るには、リンクをたどってくるか、検索エンジンからしかいない。

集客は、リンクをたくさん貼り、検索エンジン上位になることです。


リンク


網の目構造のネットでは、リンクをたくさん貼ることで、集客できるのです。だからみな相互リンクをしたがるのです。

ライバル関係の上位サイトは、リンクをしたがりません。そのサイトのページランクを下位のサイトに与えても、メリットがないためです。

そのサイトのページランクを上げることを優先して考えています。

ページランクを考えていない時代は、相互リンクが盛んでした。

相互リンクが下火になり、ブログが、トラックバックという手段でリンクを相手側に貼れる手段を持って、登場してきました。

相互リンクより強烈なのですぐさま、検索エンジンの上位を独占していきました。

検索エンジン側も、ブログ検索を新設したり、上位表示されるブログの数などにフィルターをかけたりして、なるべく公平な評価が出るようにしました。


ページランク


ページランクを上げるために次に考えられる手は、リンクの買占めです。

アメリカは、自分のホームページを見てもらう手段として人気ホームページに『低料金広告』を出して、リンク設定してもらい宣伝効果を上げています。

経費も安く効率も良い。

自分のホームページを作らずに『人気ホームページ』に広告だけを出す人もいます。


検索エンジン対策


検索エンジン対策のために、リンクを売る行為が流行るかも知れません。売買されたリンクで検索エンジンの上位が歪んでいきます。

リンクが、商品になれば、検索エンジンの公平性は、保たれません。しかし広告もまたリンクされたものと言う矛盾がありますね。

Googleの唱える、リンクされているページが良いページの大原則が崩れてしまいます。

広告をリンクとみなさないのか、リンクとみなしているのか良く分かりません。

リンクが商品となる時期は着実に迫っているようです。日本でもね。


新興のネット宣伝ですが、既にラジオ広告よりも04年宣伝費は大きい。

日本ではヤフージャパンの「トップバナー」が有名です。

1日にだいたい1000万回表示(インプレッション)、クリックされるのは0.1%程度が目安だと言われています。

1日で一気に10000程度のアクセス数を稼ぐサイトにすることも、充分可能なので、1週間で数百万円稼ぎ出すそうです。


|少し衝撃的ですが、リンクが商品になる宣伝板です。準備中 |


|広告 |宣伝 |検索エンジン |アフィリエイト |


|Top Pageの広告アマです。 |水先案内人サイトマップ 迷ったら使う道具です。 |


SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO