ラジオ広告


テレビよりは少ないがマスコミ広告のなかでは相当の影響力のあるラジオ広告です。

車で移動中には、必ずラジオを聴くというラジオファンも多いです。

ラジオ広告は、ネット広告に抜かれました。しかしラジオは、宣伝の最後に、ネットのURLを入れたり、ケータイのアドレスを言ったりして、ケータイとネットの活用を盛んにしています ラジオ広告が、複合広告をいち早く取り入れているようです。



ラジオ広告


ネット広告に広告費で抜かれたとは言えラジオ広告の影響もかなりなものがあります。

その広告効果を狙ってネット関連会社が、ラジオ局買収をかんがえたとしても不思議ではありません。

ラジオ局は、最初テレビ局の親会社であったという経緯がある。

その後、テレビ局が順調に伸びて、ラジオ局より規模が大きくなった。

そのため資本関係のねじれが生じた。

その弱点を突いたのがライブドアの日本テレビの買収劇でしたし、楽天のTBSの買収劇であります。

テレビ局との統合で、ネットの流れを大きくしたいネット業界ですが、テレビ局は、その規模の大きさで、逆にネット業界を配下にしか思っていないので、急激な変化は、求めていません。

ラジオ、テレビ局とネット業界の思惑は全く異なっています。



ラジオ通販


ラジオでも、通販広告が盛んです。ラジオ局自身が、通販会社を持っています。

通販宣伝のやり方はテレビとあまり変わりません。

ある商品を宣伝いたします。優れたものだと言うことを印象付けます。

価格を知らせます。申し込み期限を知らせて、購買意欲を煽ります。

それにおまけをつけて如何にお得かを宣伝します。

話しの達人のアナウンサー読み聞かせるのですから、たまりません。

ラジオの方が、インターネットの活用にテレビよりも積極的です。

アナウンサーが一人で原稿を読むより、二人で交互に合いの手を入れるようにしたほうが、よりよく売れるそうです。


フジテレビとライブドアーとのニッポン放送の支配権争い、みごたいのあるバトルですね。プロレス中継よりおもしろそうです。 さぁどうなるかがお楽しみです。

株価が下がったり上がったり目が離せません。

ニッポン放送がライブドアーを袖にふり、フジテレビが、増資で経営権の奪取を防ごうとしています。 横恋慕したライブドアーは裁判所に訴えることを目指しています。

フジテレビとライブドアーの攻防は激しいですね。


ネット宣伝は、アフィリエイトしている通販などの広告をより世のなかに送り出すことで、クリックを頂き易くすることです。 ネットでは、音を使うことも可能です。


|広告アマ |サイトマップ |広告|


|パーフォマンス |口コミ広告 |文字広告 |テレビ広告|


SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO