テレビ広告


テレビ広告の時代です。ネット広告がそれに迫ろうとしています。通販部門で過激な競争をしています。しかも補完して共同宣伝している例もあります。

テレビのCM広告は、ネット通販、お店の売れ行きを左右します。ネット通販は、テレビのコマーシャルと密接な関係があります。

テレビのコマーシャルで映像が流れれば、ネット通販で必ず売れます。一時的に爆発的に売れまくります。

テレビのコマーシャルは、ネット通販にも強い影響を与えます。テレビのコマーシャルは、驚異的です。コマーシャル、すなわちCM ですが、侮れません。CMされどCMです。CMにもネットのURLを喋ったり、文字にしてくる時代になりました。

テレビの番組、例えば4チャンネル、日テレ「おもいッきりテレビ」みのもんたさんが、ある商品を紹介するとその商品が店頭から消えます。紹介するとやはりネット通販も爆発的に売れるそうです。宣伝力がダントツです。テレビの力恐るべしで、テレビ番組の影響力は、計り知れません。

「おもいッきりテレビ」のホームページもネットにあるし、本すら出しています。テレビ界もインターネットを、無視出来なくなってきました。むしろ取り込みそうな勢いになっています。広告宣伝を複合して宣伝力を強化して、宣伝戦に勝とうとしています。宣伝強化で 売り上げの増加を目指しています。



テレビ広告


テレビコマーシャルは依然、広告の王者です。影響もかなりなものがあります。

その広告効果を狙ってネット関連会社が、テレビ局買収をかんがえたとしても不思議ではありません。

それだけネット関連会社が、力をつけてきたのです。

やはり広告宣伝を制するものが王者になりそうです。


テレビの通販の原則


「今回ご紹介する商品は・・・」から始まっていかにその商品が良いものかを宣伝時間のほとんどを使って説明します。

これは、まず消費者に「これ欲しい!」と思わせるためです。

最後に「さて、気になるお値段は・・・」と言って金額を言います。

消費者に「これ欲しい!」と思わせるためです。金額も余り高いものは、提示しません。これ欲しい!」という意識を持たせるために、商品が、いかに便利かを見せつけます。

消費者は、値段と商品価値を比べるわけです。値段より商品価値が高ければ買うし、低ければ買いません。「この商品が欲しい!」と思う程度の値段に設定されていることが多いのです。

「これが欲しい!」と思うと商品価値が上がります。冷静に考えれば明らかにその値段の価値がないようなものも「欲しい!」と思うと買ってしまいたい錯覚に落ちることもある。

「今ならもう1本付いてくる!」とおまけをつけます。さらに購買意欲を誘い、お得感、格安感を植えつけます。安くて便利なら、普通の人なら購買する確立はさらに高まります。

おまけをつけて、お得感を演出します。積極的に買いたい気持ちにさせようとしています。

値段と商品価値の感覚を混乱させ、値段を言ってからほんの数秒程度で広告時間は終了します。 これが基本の通販でのコマーシャルです。 便利な商品を破格の安さで購入したいと思わせるのです。

そして値段が安いという気持ちにさせて、さらに「欲しい!」の意識を視聴者に強く、長く維持させます。すぐに終了して雑念を入れないようにします。早く購入させようとしています。おまけをつけることにより更に得をした感覚にして「これが欲しい」と思わせるのです。購買意欲を喚起させるように仕向けています。

ここで買わないと損をするという心理状態にさせれば、テレビ通販の作戦は、成功です。

次回のコマーシャルを待つか、気の早い人は、インターネット検索で申し込み先を検索して見つけ、申し込みします。


テレビCM広告の大敵


デジタルレコーダーによるCMスキップでCM効果が下がる。スキップされれば、テレビCM広告見られない。

HDDレコーダーの普及で、テレビCMの価値が損なわれていく恐れがあるという試算を野村総合研究所が公表。

HDDによるCMスキップでCM効果が下がる、といった指摘に電通が反論するレポートを公表。

HDDでCMをスキップできる装置の登場が物議を呼んでいるのです。

テレビCMだけを録画しないのですから、CMを打つ方には、なんとも悩ましい限りです。

英国や米国など、DVR(デジタルビデオレコーダー)の普及が進んでいる海外の事例からも、むしろDVRはテレビへの接触機会を増やす、との分析結果も出ています。

時間がないので、録画でテレビを見る人にとり、DVRは、テレビのCMを飛ばして録画するのでCM広告のない番組になる。ドラマ、スポーツ中継などでは便利だろうな。

テレビ広告がない映像は、広告主にとっては、意味がない。そこでネット広告が、将来の競争相手としてクローズアップされました。カットされる映像のテレビ広告よりも、しっかり映像宣伝できるネットがテレビに勝つチャンスもあります。


テレビ広告の特徴


テレビ、ラジオなどの電波の特徴から来るものです。

電波ですから電波を発信した時しか機能しません。時間が限定されています。一定のある時間しか見たり聞いたり出来ません。

そのため、テレビ、ラジオのコマーシャルは、何度も繰り返す必要があります。反復性が最重要です。

そのため、テレビ、ラジオの通販も、反復性が最重要です。

それに対し、ネット通販は、集客力つまり、アクセス数とリピータの層の厚さです。


テレビ局

テレビ局は、NHK、フジテレビ、TBS、日本テレビ、テレビ朝日、 テレビ東京などがあります。

1チャンネルは、NHK総合、3チャンネルは、NHK教育。

4チャンネルは、日本テレビ、6チャンネルは、TBSテレビ。

8チャンネルは、フジテレビ、10チャンネルは、テレビ朝日、10チャンネルは、テレビ東京。

美人アナの多いフジテレビが私の好みです。

テレビ番組の探し方

テレビガイドなどでテレビ番組をみて見逃してもよいように、テレビ録画しています。もうDVDの時代です。

テレビの音楽番組

テレビの音楽番組は、DVDに編集しなおして、音楽だけを友達に音楽ダウンロードさせています。便利になりました、音楽ダウンロードなんか朝飯前という感じです。

ニュース番組

美人アナのフジテレビの番組しか見ません。だってフジテレビの女子アナウンサーは、テレビ会社の中で断トツにかわいいから、テレビは、フジテレビで決まりです。

テレビのバラエティ番組

バラエティ番組が花盛りですが、フジテレビではありません。 やはり男のコメンテーターのしっかりしている局を見ます。

フジテレビのお笑いタレントのでる番組がスキです。吉本のお笑いタレントのバラエテー番組 への出演ふえてるよな、クイズ形式、トーク形式などね。 吉本とフジテレビくんでいるのかな?

NHK冬のソナタのペ・ヨンジュンさんはよかった〜♪

現在、最大の広告宣伝の主戦場ですが、これを追い越すことは至難の業です。 テレビとパソコンが一体化してきて、いるのでパソコンしながらテレビをみるようになると、逆転する可能性もありうると思います。


広告の注目度はテレビ>>新聞>バナー広告の順です。

最も視聴する広告のトップはテレビ広告(60.9%)で、2位新聞広告(12.9%)とは圧倒的大差である。

3位以下はPC向けWebサイトのバナー広告(9.7%)、駅や電車内の広告(4.6%)、ダイレクトメールやチラシの広告(3.7%)と続いた。

携帯サイトのバナー広告に注目する人は0.2%と、ほとんどいなかった。これはやや意外ですね。

年齢別では、若い人ほどテレビ広告に注目し、年齢が上がるにつれて新聞広告への注目度が高まった。携帯サイトの広告は、低年齢層の注目が高かった。

パソコンが出来る年齢がわかりますね。皆がパソコンできるようになると、新聞広告の比率は下がって行くと思う。

通販でも同様な結果になると思う。まだテレビ通販がネット通販よりも上位でしょうね。 パソコン出来る年齢が上がれば、ネット通販も大きく伸びるだろうが、今はテレビ通販の補助的使い方と思われる。


TVのCM界の変節のような気がしてならない。06年9月のトヨタと米国3ネットワークのひとつNBCと結んだCM契約は、テレビのCM効果に一石を投じたものです。

トヨタがユニークなCMを流した新型車「bB」 トヨタが提供する番組について「番組関心度調査」を行い、視聴者の関心を引けなかった場合、NBCは埋め合わせの追加CMを無料で放送しなければならない。

テレビCMは本当に効果があるのか。またトヨタにとってどれほどテレビCMが有益なのか見極める必要があったと、米国トヨタ販売は言う。どうなるのだろうか、注目しよう。


DVR(デジタルビデオレコーダー)のスキップ問題は、テレビ局とテレビCM広告と通販にも影響を与えそうです。

テレビ通販とネット通販への影響もでるかもしれません。トヨタなど大スポンサーと宣伝広告のプロである博報堂、電通がどのように考えるかで、方向が決まると思います。NBCはその試金石だと思います。

ネット宣伝は、検索エンジンなどで成績上位になりアフィリエイトしている通販などの広告を世のなかに送り出すことで、宣伝することです。 お金がかかるテレビの広告、余りお金がかからない、インターネット広告、あなたはどちらを選びますか?


|広告アマ |サイトマップ |宣伝 |広告 |インターネット広告 |通販で売れる商品広告 |通販人気商品 |通販ケンコーコムの挑戦 |通販アフィリエイト広告分析 |


|パーフォマンス |口コミ広告 |文字広告 |ラジオ広告|


SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO