ケータイ



ケータイ


ケータイも宣伝広告の方法として伸びてきています。

大手なら安心感があります。

Yahooもオークションなど携帯電話からの参入に対応しているので、市場争奪戦が激化しています。

ヤフーは05年10月27日に開始する新しい携帯向け検索サービスを使って検索連動型広告を展開する。 ヤフーは06年3月までに、携帯電話向けの検索連動型広告事業を本格的に始める。利用者の関心に沿った広告を表示できるため効果が高く、パソコン向けポータル(玄関)サイトで市場が急拡大している。

ケータイ各社

Docomo,Au,Voderphoneの三社があります。

1.Dokomoの場合;

NTTドコモと楽天は05年10月11日、インターネットオークション(競売)事業で業務・資本提携することで合意したと発表した。

インターネットオークションに進出して来た。新会社の資本金は16億5000万円、持ち株比率は楽天が60%、NTTドコモが40%となる。

2.AUの場合;

AUはネットオークション大手のディー・エヌ・エー(DeNA)と共同でオークション会社を05年6月に設立した。

3.Voderphoneの場合;

Livedoorとの話が持ち上がるかもしれない。

ソフトバンクが買収しましたね。予想が外れました。ホリエモン捕まっちゃったから買収できなかったと、自分の予想を弁護しておきます。


ケータイと広告


ケータイも宣伝広告の方法として伸びてきています。

大手なら安心感があります。

Yahooの場合

ネットオークション国内最大手のヤフーは携帯各社で使えるオークションサイトを開設するなど、パソコンが中心だったオークションが携帯電話で展開する動きが加速している。

ヤフーは、「05年10月27日に開始する新しい携帯向け検索サービスを使って検索連動型広告を展開し、06年3月までに、携帯電話向けの検索連動型広告を本格化する。」と発表した。


いつも身近にあるケータイは、大きな広告市場になりそうですね。

パソコンに取って代わりそうな感じがします。


06年3月ソフトバンクがボーダフォン日本法人を買収した。ボーダフォンを傘下におさめたソフトバンクが、ケータイ市場に乗り出してきた。


ケータイ市場が騒がしい。

ソフトバンクが、携帯電話会社を変えてもこれまでの番号がそのまま使える番号継続(ポータビリティー)制の導入直後の広告騒動です。

2006年10月24日の番号継続制導入からの販売競争では、KDDI(au)が下馬評どおり一歩リードした。

24〜29日までの6日間でauは番号継続制を利用した加入者が約8万人増えたが、ドコモは約6万人減らした。

民間調査会社が29日までに約3000店の家電販売店を対象に調査した携帯電話の販売台数シェアでも、auが36%と、ドコモの46%に迫った。

シェアが低いソフトバンクが、「通話料0円、メール代0円」と、自社加入者間の原則

無料プランを強調して、「割安感」を顧客に訴えてきても、眉唾な感じがします。

パイが小さいければ、0円になる範囲もたかが知れていますね。

広告の宣伝戦と見ると、過激ですね。企業の体質が垣間見えますね。


|広告アマ |サイトマップ |広告 |宣伝 |インターネット広告 |通販ケンコーコムの挑戦 |広告ー介護 |広告費 |MSN adCenter |YPN |Google AdSense |Ad Links |オンサイトサインアップ |検索エンジン |アフィリエイト |お茶のみ話 |広告アフィリエイトLINK|

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO